​© 2019 Plusna Communications Co., Ltd.

危機時の対応のあり方が、ブランドを傷つけるだけでなく、時に事業の存続さえ左右します。

危機管理広報の第一歩は、有事になってから慌てるのではなく、平時から十分な準備を始め、自社の危機管理手順に沿った広報体制をしっかりと整えておくことです。

また、万が一の有事においては、社会や関係者の視点を持って、迅速に初動をとり、的確な情報提供と説明を行うことがとても重要です。

プラスナコミュニケーションズでは、危機対応が組織の社会的責任として適切に行われるよう準備から有事までサポートいたします。

危機管理広報体制の構築・強化

実際の有事の際に、どういったメンバーで対応し、アクションを起こし、それぞれがどのような役割を担うべきなのか、危機管理広報体制の構築に関するサポートをいたします。

​危機管理体制を構築しようとされているときに、ご相談ください。

​危機管理広報マニュアルの策定

焦りや混乱の中にあっても迅速かつ適切に行動をとれるよう、対応のルールや手順を示したマニュアル。

実際の危機時にわかりやすく、使いやすく、適切なガイドラインとなるようなマニュアルを策定いたします。

また、既存のマニュアルのレビューと強化にも対応しています。

危機管理メディアトレーニング

危機時のメディア対応にフォーカスしたメディアトレーニングです。

​現実的なシナリオをもとに、情報が不十分な段階での記者会見の臨み方、誤解や反感のリスクを避ける対応方法など、社会に対する説明責任をしっかりと全うするためのメディア対応のあり方を学び、スキルとして習得いただくプログラムです。

危機管理広報研修

危機管理には、組織全体でリスクマネジメントからクライシスマネジメントまでの意識を共有することが望まれます。

経営陣、中間管理職、一般社員の方々に向けた危機管理広報研修や、危機管理チームに向けたワークショップ型の研修をご提供しています。

危機管理広報サポート

万が一の有事の際は、対策、広報活動、資料作成、報道分析などをサポートいたします。

また収束後は、レピュテーションの回復に向けた広報活動を進め、短~中期でダメージコントロールとしての危機管理広報を実践します。