​© 2019 Plusna Communications Co., Ltd.

スポークスパーソンが何をどのように伝えるかによって、報道内容やトーンが変わります。

PR機会として大いに活用したいマスコミ取材に向けて、スポークスパーソンに欠かせない総合的なスキル強化に注力したプログラムです。


また、特別な配慮とスキルが求められる危機やイシュー発生時のマスコミ対応にフォーカスしたプログラムもご提供しています。


欧米では、「メディアトレーニングを受けた者しかマスコミに会ってはいけない」という広報ルールを持つ企業も多くあるほど、企業のスポークスパーソンには必須のプログラム。

 

受講いただく方々から大変高い評価をいただいているトレーンニングメニューの一つです。

​プログラムの概要

レクチャー

  • メディア対応の心得

  • ​スポークスパーソンに求められること

  • ​キーメッセージを伝えるコツ

 

実技

  • 模擬取材/模擬記者会見​

  • 振り返りとアドバイス

  • 課題について繰り返しの練習

  • ​キーメッセージの確認と作り方

​自信を持ってお勧めする理由

​実技こそスキル習得への近道

座学よりもプログラムのほとんどを実技とし、様々なケースで応用できる“スキルの習得”を重視しています。

​だから、多忙なエグゼクティブの方々にも短時間で集中的に必要なスキルを習得いただけます。

01/

​PRとメディアの両方の経験を持つトレーナ―

課題やブランドに基づくメッセージ構築力、質問対応力、メッセージ伝達技術、表現力、見せ方など、スポークスパーソンには多くのスキルが求められます。

PRコンサルティングだけでなく、メディアやイメージコンサルティングの分野でも豊富な経験を持つトレーナーだからこし、そうしたスキルを複合的に細かくアドバイスさせていただくことが可能です。

02/

カスタマイズのプログラム

​受講いただく方の課題やトレーニングに期待する成果などに基づき、プログラムを設計いたします。

実技となる模擬取材では、現実的なシナリオに基づいた質問をご準備すると同時に、トレーニングの成果を得やすいように、ご対応を見ながら随時弱点を克服し、スキル習得につなげていただけるよう質問を投げかけていきます。

それにより、個々の課題解決とスキルアップをしっかりとサポートします。

03/

​キーメッセージのレビュー

実技練習を通じて、すでにお持ちのキーメッセージに対するアドバイスを合わせて行っていきます。

​それにより、対応スキルだけでなく、キーメッセージを精査いただく機会にもしていただけます。

04/

​実際のメディア対応に関するサポート

予定されている記者会見や取材に際し、トレーニングで見えた課題、または取材のリスクを考慮した上で、キーメッセージの再構築やQ&A作成をはじめとしたサポートをさせていただくことも可能です。

05/